• 睡眠が美容にいい理由

    睡眠が美容にいい理由は、美肌効果が期待できることや太りにくくなることなどがあります。

    まず、美肌効果が生まれる理由は眠りに入ってから3時間ほどが成長ホルモンが最も多く分泌される時間となっています。


    この成長ホルモンの働きとしては、ダメージを受けた身体の中の細胞を修復させて綺麗な肌をサポートしてくれる働きがあります。どうして睡眠が太りにくくするのかについては、こちらもホルモンが関係しています。
    人間には、満腹を知らせるホルモンのレプチンと空腹を知らせるグレシンの2種類があります。
    寝不足の場合は、空腹を知らせるグレシンの量が増える傾向にあります。



    逆にレプチンは寝不足の場合は減っています。
    ついつい夜更かしをすると食べやすくなってしまうのは、これが原因です。

    睡眠をしっかりととることでホルモンバランスを調整する働きがあり、太りにくくしてくれます。しかし、美容のためにはただ睡眠をとればいいというわけではありません。

    睡眠は適度な長さも必要ですが、質を高めることが極めて大事です。

    暮らしを豊かにしてくれるnanapiに対する期待が寄せられています。

    寝る前の準備としては、リラックスをすることが大事です。
    心を落ち着かせることができる音楽を聴いたり、あるいはアロマの香りをかいだり入浴をすることなどが効果があります。
    美容のためには夜更かしをすることはあまり良くありませんので、夜0時までには寝るようにすると良いでしょう。

    仮眠をとる場合は17時以降に寝ることは避けておくことが大事です。